忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/27 07:29 |
山のあな~たのそ~ら~遠く、圓歌師匠の一代芸

「山のあなたの空遠く
 「幸」住むと人のいう
 噫、われひとと尋めゆきて
 涙さしぐみかえりきぬ
 山のあなたになお遠く
 「幸」住むと人のいう …」

カール・ブッセの詩は格調高いが、

こちとら、演芸好きだ、べらぼーめ!
気が短けーんだ。
ここまでしか知らないやい。

…いやいや、無理やり江戸弁?使っても格好わるい。
所詮は権助、田舎もん。

てなわけで、三遊亭歌奴(現圓歌)師匠の「授業中」
今、「山のアナアナ」と言って
何人が「そうそう」と言うか、
わっかるかな~、わっかんねえだろうな~。

いや、これもわかんないだろう。

とかく流行語は足が速い。

本当は、ただ「山のアナアナ…」といくわけじゃない。
上述のカールブッセの詩の朗読を当てられたドモリの中沢少年。
クラスメートの

「いいか?中沢、先生のお許しが出た。しみじみどもれ。」
の言葉で、

「や、や、、やまー、やまー、やまー、山のアナー、アナーや、山のアナーアナー、アナ、あなた、あなた?もう寝ましょう」
とやるわけだ。

どうして「もう寝ましょう」はどもんないんだ?と教師(これがまた物凄い訛り)に突っ込まれる。(「突っ込み」ってのは漫才の用語だけどね)

次に指名されるのが「3番、広沢虎三」
こちらは朗々とうなる。

「山のあ~な~た~の~、そ~ら~遠く(ハイ)。さいわい住むと人の言う、
ああ、われひととと~めゆきて(ハア)
山のあ~な~た~の~~おおおお、そ~ら~とおくぅ~」
と次郎長伝もかくやの名調子、ヨオ!

おっとノリ過ぎか。

これと「しんお~くぼ~(新大久保)!」のフレーズで
歌奴サン、お茶の間の人気者になった。

本人、今は高座でも
「いまさら『山のアナ』じゃねーだろ!飽きちゃったよ!」と笑わせる。
でも、また聞きたいなあ。

もう、誰もやれないもの。

PR

2007/06/15 17:23 | Comments(0) | TrackBack(0) | 落語

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<タレントと芸人のボーダーレス化? | HOME | 「林家三平」の記憶>>
忍者ブログ[PR]