忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/27 07:28 |
立川談志 死去
もうニュースとしては、もう古くなってしまいましたね。
つい先日、立川流家元
立川談志が亡くなられた。
享年75歳

戒名は、自分でつけたという、

「立川雲黒斎家元勝手居士」

通夜、葬儀は全て身内で済ませてしめう徹底ぶり。

newsポストセブンというサイトでは、

週刊ポストで『噺家のはなし』連載中の広瀬和生さんが談志家元の名演として、次の5席を挙げている

1.居残り佐平次
2.粗忽長屋
3.三軒長屋
4.芝浜
5.紺屋高尾

アタシとしては、

1.黄金餅
2.明烏
3.鼠穴
4.へっつい幽霊
5.芝浜
このほかで言うとやかんもいいな。

アタシが最後に生で家元を観たのは、越谷でやった三枝さんとの二人会でした。
相当、調子が悪くなっていて、「談志の最後を見たと思って勘弁して下さいね」と言われた事を記事で書いてある。

アタシたちは、先に亡くなった圓楽さん、志ん朝さん、そして談志さんといった、いい落語家さんを、いいコンディションで、オンタイムで聴くことができた。

これは光栄なことだった。

語りたい事はやまほどある。

語って欲しかった事も山ほどある。

ただ、語りつくせぬ事を語らぬまま、家元はとっとと、この世におさらばしてしまったのは、らしいのかな?

さて、「現代落語論」でも読み直してみましょうか?
PR

2011/11/29 17:06 | Comments(1) | TrackBack(0) | 落語

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

鼠穴、粗忽長屋、源平盛衰記、饅頭怖い(怖いものがメチャクチャなイリージョン版)、風呂敷(韓国語バージョンと、サゲに風呂敷に穴あいてたぞって、ちょっとホラーなバージョン両方)

がベスト5です


家元には原発問題を独自の視線で斬ってもらいたかったです。
posted by 浜野at 2011/12/01 12:05 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| HOME | いとしこいしの噺の噺>>
忍者ブログ[PR]