忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/12/13 04:47 |
寄席の記憶その1(上野鈴本)

前にも言ったが、初めて入った寄席は、「上野鈴本演芸場」
漬物屋と間違えた。

上京してまだ2週目、日曜日鈴本の昼席にいったのである。

たぶん中入りで、古今亭圓菊師匠が「たらちね」か「替わり目」をやっていた。
昼席のトリは圓蔵師匠の「反対車」か「堀の内」だったんじゃないかな?

しかし、初めて寄席に来たボクの興味を惹いたのは
順子・ひろしのなんとも可笑しい漫才であり、
やなぎ女楽師匠の独楽回しだった。
両方とも、爆笑というわけではない。
くすっと笑ってしまう技である。
この加減がいい。
大爆笑をとってしまったら、トリをとる落語家を食っちまう。
そんなわけで、ボクの鈴本詣でが始まったわけです。

…では、続きはまたいつか

PR

2007/06/29 00:00 | Comments(0) | TrackBack(0) | 想いゴト

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<笑点… | HOME | 柳亭痴楽はいい男>>
忍者ブログ[PR]