忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/06/28 23:00 |
責任者 出て来~い!(人生幸朗・生江幸子)
今や「ボヤキ」と言えば野村克也プロ野球楽天イーグルス監督の代名詞だが、
「ボヤキ」と言えばこの人、人生幸朗。
奥さんの生江幸子さんとの絶妙のやり取りで展開するボヤキ漫才は、今、テープで聴けるのかなあ?
その決まり文句が

「責任者、出て来~い!」

「出てきはったらどないすんのん!」

「謝ったらええねん」(ここでドっと沸く)

この人が売れたのは、60歳を過ぎてからだそうだ。
上方の漫才らしく、ソノ都度新しい話題を斬りまくっていたっけ。
確か、僕がNHKの上方演芸会で聴いた時はチャゲ&飛鳥や松山千春も題材に載せていた。
例えば伊東ゆかりこんな具合…

「伊東ゆかりが歌うとる「小指の思い出」な。」
「ハイ、いい歌でんなあ」
「あなたが噛んだ小指が痛い。昨日の夜の小指が痛い…って当たり前ヤがな!誰かて小指 噛みつかれたら痛いワ!」
「何ごちゃごちゃ言っとんねん!」
「2番もあるで」
「何が」
「あなたが噛んだ小指が燃える…。噛んだだけで小指が燃えるんやったら、消防自動車がなんぼあっても足らんやないかい!」
「アホか、このドロ亀!」
「かあちゃん、ごめんちゃい」

…雰囲気がわかっていただけるだろうか?

今、社会保険庁や、政治家の経費問題やら、
人生幸朗が今生きていたら、大活躍だったんじゃないかな?
師匠が彼らを、いったいどんな風に斬ってくれたか、本当に聞いてみたくもある。
「責任者、出てこ~い!」
PR

2007/07/11 21:58 | Comments(0) | TrackBack(0) | 漫才

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<「お材木で助かった」夏に聴きたい寒い噺 | HOME | そばが羽織を着てる…『そば清』>>
忍者ブログ[PR]