忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/24 01:32 |
三平襲名…さてこれからが
林家三平という落語家、
アタシはついに最後までよくわからなかった。

やっぱ印象的なのは「源平」かなぁ?

あの屋島の合戦のことを題材にしたヤツね。
那須の与一が鏑矢で船上に掲げた扇の的を射るまでの話だけど、
そこにいたるところで、いろんなクスグリを入れているギャグ噺。

その演者の個性が重要な噺です。

林家三平と言う人、
このギャグが半端でなかった。
円蔵サンのようにぶっとんだものではない。
それはむしろ古典的ですらある。

でも、やっぱり三平は面白かった。
このブログの最初の方の内容にかぶるんだけど、
これを蒸し返すのは、
次男いっ平が三平を継ぐ記事が載ったから。

アタシは林家正蔵の名跡とは異なり、
三平の名前は襲名してから作り上げていくものじゃないかと思う。
芸よりも芸人のあり方を問われる名前なんじゃないかと。

あの「家」に生まれた以上、一生抜けられない業のようなものの中で、
いっ平あらため三平がどう見せていくのか、
個人的にはとっても興味があります。

もちろん、芸を期待してないわけではないですよ。
ただ、アタシはいっ平の芸wぽ見ていないので…どうも、すいません
PR

2007/10/31 22:15 | Comments(0) | TrackBack(1) | 落語

トラックバック

トラックバックURL:
落語家の林家いっ平さんが父親の高座名を継ぎ、「二代目林家三平」を襲名することが発表されました。 襲名時期は平成21年とか。 ずいぶん先のような^^ もともと、まだ発表する気はなかったんだけど、どこかからマスコミに漏れたらしい。 なんか、っぽい感じで^^; 初
いい加減社長の日記| 2007/11/01 06:34

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<花筏(三遊亭圓生・桂枝雀) | HOME | 立川流家元の話を少々>>
忍者ブログ[PR]